FAQ‎ > ‎

配布パソコン(修理など)


<Q>

 配布パソコンのシリアル番号はどこに書いてあるの? 

<A>

2018年度生の配布パソコンは、タブレットPCをキーボードから外した底面に書かれています。
S/N#の後の10ケタの英数字がシリアル番号です。


<Q>

 配布パソコンに自分の好きなOSやソフトウェアをインストールしてもいいの? 

<A>

構いません。
但し、メディア・サービスでサポートできるのは、配布時にインストールされているソフトウェアのみです。
OSインストール、学内で提供しているソフトウェア以外のインストール等は、自己責任及びライセンス、著作権の範囲内の下で行ってください。また、空き領域にも注意して行ってください。


<Q>

 パソコンやパソコン周辺機器(バッテリー、ACアダプタ)が故障している。修理できる? 

<A>

保証期間内に限り、通常の使用で故障した場合は、メーカーで修理できます。メディア・サービスで、メーカー修理の対応をしますので、故障中の周辺機器とパソコンと学生証を持参してください。
詳細は、[配布パソコン]-[修理依頼]を参照してください。


<Q>

 保証期間内のパソコンを落としてしまい、液晶が壊れてしまった。無償でメーカー修理できる? 

<A>

できません。液晶の破損は、保証期間内のパソコンであっても有償修理となります。
修理代が高額になるため、有償修理はお勧めしません。
詳しくは、メディア・サービスにお問い合わせください。


<Q>

 パソコンにお茶(液体)をこぼしてしまった。どうしたらいい? 

<A>

パソコンに液体こぼしは厳禁です。
こぼした直後は、正常に動作していても、中まで液体がしみこんでいる場合、故障して起動できなくなります。
パソコン内に重要なデータがある場合は、速やかに、他の媒体(USBメモリなど)にコピーした方がよいでしょう。
保証期間内のパソコンでも、液体こぼしは有償修理となります
詳しくは、メディア・サービスにお問い合わせください。


<Q>

 配布パソコンは、卒業時には、返却するの? 

<A>

多摩大学を卒業または退学しても、パソコンはそのまま利用できます。返却は不要です。
パソコンにインストールされているOffice等のソフトウェアも、そのまま利用できます


<Q>

 退学・卒業後も配布パソコンにインストール済みのソフトウェアは、そのまま利用できる?ウイルスバスターは? 

<A>

退学・卒業後も、配布パソコンにインストールされているOffice等のソフトウェアは、そのまま利用できます
但しウイルスバスターについては、新しいセキュリティソフトの購入をお勧めします。
詳細は、[配布パソコン]-[卒業後について]を参照してください。